読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウォールフラワー 【2012/アメリカ映画】あらすじ・レビュー

コメディー ドラマ ロマンス

 Le monde de Charlie
(2012) on IMDb

 

https://67.media.tumblr.com/06301ef0f67592c26a67954f90e6dbff/tumblr_mykqw0v3TU1tnz8dho1_500.gif

 

感想

この映画を見ると人生最悪な時もあるが、友達の助けがあれば誰でも乗り越えられると感じてしまう。この映画は時代、そして場所に関係なく見る人を魅了してくれる。

90/100点

 

トレイラー  

www.youtube.com

ジャンル:コメディー、ドラマ 

ムード: 90's, 感動的、壮快、ロマンチック

テーマ:友情、葛藤、青春、恋愛、同性愛

 

あらすじ

 

1991年、シャイで物静かな高校生チャーリー(ローガン・ラーマン)は、クラスメートたちに“ウオールフラワー”とあだ名を付けられ甘く見られていた。だが、彼の平凡な日常は、パトリック(エズラ・ミラー)とサム(エマ・ワトソン)兄妹との出会いによって変わっていく。チャーリーは初めて知る友情の素晴らしさや、初恋の胸のときめきに有頂天になっていたが……。

シネマトゥデイ (外部リンク) 

 

 『ウォールフラワー』
公開:2013年11月22日(金)
原作、監督、脚本:スティーブン・チョボスキー
製作:ジョン・マルコヴィッチ
出演:ローガン・ラーマンエマ・ワトソン、エズラ・ミラー 他
原作本:『ウォールフラワー』(集英社文庫刊)
配給:ギャガ
原題:The Perks of Being a Wallflower/2012/アメリカ/103分/カラー/ビスタ