読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【映画史に残る】最も印象的なハリウッド映画のセリフ ランキングトップ10!

ランキング

1. ジェームズ・ボンドシリーズ

 My name is Bond. James Bond.

日本語訳:私の名前はボンド。ジェームズ・ボンド

 

www.youtube.com

 

シンプルでありながらも印象に残るこのフレーズ。007シリーズを知っている人なら絶対記憶に残っているはず。

 

2. カサブランカ(1942)

Here's looking at you kid.

日本語訳:君の瞳に乾杯。

 

www.youtube.com

 

映画で4回も出てくるこの名台詞、カサブランカを見た事がない人にも知られている程有名。日本語訳の「君に瞳に乾杯」、上手く英語のニュアンスをとらえていますよね。

3. スターウオーズシリーズ

May the force be with you.

日本語訳:フォースと共にあらんことを。

 

www.youtube.com

 

スターウォーズと言ったらこの台詞。あのSiriも知っているほどの知名度。

4. ゴッドファーザーシリーズ

I'm going to make him an offer he can't refuse.

日本語訳:奴が断れない申し出をしてやる。

 

www.youtube.com

 

マフィアが言うからこそ意味深いこの台詞。ビジネスマンも見習うべき考え方ですよね。

5. タクシードライバー(1976)

You talkin' to me?

日本語訳:俺に話しかけてんのか?


www.youtube.com

 

日常のストレスから理性を失い始めた主人公、ラヴィス。銃を持ち、鏡に映る自分に酔っているシーンで出てくるこの名台詞は忘れられません。デ・ニーロの演技から狂気を感じますよね。

6. ファイトクラブ(1999)

1st RULE: You do not talk about FIGHT CLUB.

2nd RULE: You DO NOT talk about FIGHT CLUB.

日本語訳:ファイトクラブ ルールその1 ファイトクラブについて話すな

     ファイトクラブ ルールその2 ファイトクラブについて話すな

www.youtube.com

 

社会の抑圧に反発する為に作られたこのクラブ、まさに「男らしさ」のエッセンスを凝縮しています。男性なら誰だってそのコンセプトにシビれたはず。

7. ダークナイト(2008)

Why so serious?

日本語訳:何故そんなに深刻な顔をするんだ?

 

www.youtube.com

 

残酷な犯罪を繰り返すジョーカーが言うこの言葉。彼の歪んだ世界観が現れています。彼にとって殺人が遊びと同じ事が良く分かる台詞。ちなみにこのフレーズの世界的な知名度は秘かに行われていた配給会社のキャンペーンによるもの何だとか。

 

8. ターミネーター

I'll be back.

日本語訳:また戻ってくる。

 

www.youtube.com

 

つい口に出してしまうこの台詞。シュワルツェネッガーを一言で表すとしたらこのフレーズしかないでしょう。

 

9. ET(1982)

E.T.  phone home.

日本語訳:ET 電話 お家

www.youtube.com

 

つたない言葉で話すET可愛いですよね。このシーン何回見ても心に来ます。それはきっと、イイ映画に時代は関係ない証拠。

10. 卒業(1967)

Mrs. Robinson, you're trying to seduce me, aren't you?

日本語:ミセス・ロビンソン、僕を誘惑していますよね、違いますか?

www.youtube.com

あまりにも有名なこのシーン、色気漂うミセス・ロビンソンが魅惑的ですよね。誰だってこういうシチュエーションにたってみたいものです。

 

終わりに

さて、このリストに共感頂けましたか?もし他に印象に残った名台詞があるなら是非コメントで知らせてください!

また、記事が気に入ったなら是非シェアしてくださいね。